バスティッド・サン・ルイ

カルカソンヌの中心街

オード川の左岸に位置するバスティッド(新しい町)は、聖王ルイ(ルイ9世)治世下、1260年に中央広場(現カルノ広場)を中心とし碁盤の目状に造られました。現在、バスティッド・サン・ルイは、昔の堀の跡に1819年に造られた大通りに囲まれ、邸宅や教会などが点在する碁盤の目状の街並みを保っています。

Maisons des mémoires

Maison où vécut le poète Joë Bousquet, paralysé, et dans laquelle il reçut tout ce que la première moitié du 20ème siècle comptait comme créateurs. Peintres, poètes et philosophes (Dali, Magritte, Paul Valéry, Aragon, Gide...) se succédèrent dans sa chambre que l'on peut voir aujourd'hui telle qu'elle était de son vivant. Exposition permanente sur sa vie, et expositions temporaires valorisant les artistes audois. Ouvert au public. . Du mardi au samedi de 10h à 13h et de 14h à 18h.

ミュラ邸(18世紀)-エメ・ラモン通り5番地 (5 rue Aime Ramond)

17世紀からフランス革命にかけて司法家ドゥ・ミュラ家の邸宅として建てられました。1792年には国に没収され、1826年から1906年にはカルカソンヌ司教館となりました。現在は商工会議所の建物となっており、美しいファサードは庭に、正門は通りに面しています。 中庭と大階段は平日に限り見学可能。

ロラン邸(18世紀)-エメ・ラモン通り32番地 (32 rue Aime Ramond)

1746年から1761年にかけて元織物商のジャン=フランソワ・カヴァイエによって建てられました。1815年にロラン家が購入し、1924年まで所有していました。現在はカルカソンヌ市庁舎で、美しい彫刻の施された大ファサード、中庭側のファサード、大階段など、18世紀建築の代表的な例です。 大階段と中庭側のファサードは平日に限り見学可能。

セネシャル(代官)の家(14世紀)-エメ・ラモン通り70番地 (70 rue Aime Ramond)

14世紀の建造。英仏戦争下1355年のエドワード黒太子による大火を免れました。二重アーチの窓や尖頭アーチの入口が美しいファサードです。 内部見学不可。

ブルラ邸(18世紀)-ヴェルダン通り81番地 (81 rue de Verdun)

18世紀にギヨーム・ブルラによって建てられました。19世紀半ばには元織物商のカステル家が購入。この界隈に共通のシンプルなファサード、正門、ピアノ・ノビーレ(主たる階)、中庭に通じる廊下、西翼にある錬鉄の手すり付大階段等が特徴です。 内部見学不可。