ミディ運河

17世紀の大事業

1996年にユネスコの世界遺産に登録されました。

ミディ運河は17世紀にピエール=ポール・リケによって大西洋と地中海をつなぐために造られました。以前は人と物資の運送が主要でしたが、現在では主に観光、レジャーで利用されています。カルカソンヌの町を東西に貫いています。 1996年には運河全体がユネスコ世界遺産に登録されました。 全長240kmの運河には閘門、橋、水道橋、運河橋など当時の技術が満載されており、『芸術作品』と言っても過言ではないでしょう。

ハイキング、サイクリング、クルーズ等、

お好きな手段でミディ運河をご見学ください。