カルカソンヌの市場

南フランスの新鮮な野菜や果物が目と舌を楽しませてくれるわ!

エマ

Marché aux fleurs, légumes et fruits

カルカソンヌの中心街バスティッド・サン・ルイのカルノー広場にて、新鮮な食品の市場が毎週火曜日、木曜日そして土曜日の午前中に立ちます。土曜日の市場は特に規模が大きく、カルカソンヌとその周辺からの買い物客でにぎわいます。野菜や果物はもちろんチーズやソーセージ、有機農産物(AB)をはじめとする品質保証マークつきの食品も並びます。お買い物の後は広場の周りのカフェでネプチューンの噴水を眺めながらちょっと一息。そして次はレ・アル屋内市場へ!

美味しい料理は最高の材料でしか作られない。

プロスペール・モンタニェ

Les Halles, Marché Couvert

中心街バスティッド・サン・ルイにある屋内市場、プロスペール・モンタニェ(注)のレ・アルには肉、ハム、ソーセージ、家禽、魚、チーズ、野菜などを売る専門店が入っています。火曜日から土曜日の7時k~13時まで。建物は18世紀に穀物市場として建築。 注:カルカソンヌ出身の料理人。料理辞典『ラルース・ガストロノミック』(1938)、『ル・フェスタン・オクシタン』などの著者。彼の意思を継ぐクラブ・プロスペール・モンタニェは日本にも支部があります。